科学

宇宙開発

宇宙港(スペースポート)北海道への誘致が宇宙ビジネス覇権の鍵になる。

宇宙開発の未来を拓く鍵は、低コスト化にあり! 月面着陸競争は、今年さらに活発化しています。アメリカが主導するアルテミス計画は、2025年以降に有人月面着陸を目指しており1、中国の月の女神計画も、2030年までに月面基地の建設を開始する予定で...
宇宙開発

中国の宇宙開発への本気度、宇宙ステーション、月面探査計画など

中国の宇宙開発の進展は、今日も私たちに脅威として注目を集めています。その躍進は、時に圧倒的な政治的意志、迅速な意思決定、豊富な資金、そして先進技術の結集として感じられる一方畏敬の念を抱かせます。 このような総合的な力から、我々人類は科学的に...
宇宙開発

中国 中継衛星「鵲橋2号」打ち上げ成功。月裏探査への一歩

中国は20日、月の裏側の試料(サンプル)を持ち帰る世界初の計画に向け、海南省文昌の発射場から打ち上げた。通信衛星は予定の軌道に入り、打ち上げは成功した。新華社が伝えた。米国や日本などと月開発でしのぎを削っており、他国に先駆けて月の裏側の探査...
宇宙開発

最新「アルテミス計画」アルテミス1号ー4号

前回はJAXAとインドの共同開発について発信しました。 共同開発JAXAとインド宇宙研究機関 | ユキレドブログ (nazarenod-works.com) 日本人2人の月面着陸 は2028年以降に実現 がいよいよ具体的になってきましたね。...
宇宙開発

SLIM ー170度の越夜後充電成功 通信復旧さす

JAXAは26日、「SLIM」について先月31日の休眠からおよそ1か月たったきのう夜、探査機からの通信を確認できたとSNSで発表しました。
宇宙開発

月面着陸 ペイロード輸送で先を行く5カ国 抱える問題

無人の宇宙船が、スマートな人工知能(AI)やインターネット・オブ・シングス(IoT)と連携して、月面に着陸するのです。これらのテクノロジーが活躍するおかげで、人が到達できない場所もくまなく探査でき、宇宙の新たな謎が解き明かされる時代になりました。
宇宙開発

月面着陸で知りたいポイント(ペイロード、燃料、酸化剤、周回軌道)

2024年、最新の技術を駆使した宇宙探査が進んでいます。無人の宇宙船が、スマートな人工知能(AI)やインターネット・オブ・シングス(IoT)と連携して、月面に着陸するのです。
宇宙開発

月面着陸を米国民間企業が無人飛行船 世界初で成功。SLIMあっさり抜かれる。

インテュイティブ・マシーンズ(英語: Intuitive Machines)は、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストンに本社を置く航空宇宙企業であり、月着陸機の開発などを行っています。 今月22日、同社の開発した無人月着陸船「ノバC」(愛称: オデッセウス)が、月の南極付近に着陸したものの、横倒しになっているとみられることが判明しました。この情報は、インテュイティブ・マシーンズが明らかにしましたが、通信は可能であるとのことです。
宇宙開発

月面着陸がなぜここまで成功しないのか?SLIMで検証

前回もこの件をふれました。 今回は月面探査機【スリム】です。 引用元:JAXA 前にも説明した通り倒れることを前提に作られております。そして何と言ってもピンポイント着陸の検証機でした。 ピンポイント着陸とスラスター落下 想定精度100mに対...
宇宙開発

月面着陸 成功率は40% ピンポイント着陸の成功は快挙

月着陸ラッシュが始まり、JAXAが成功させた無人機「SLIM」の月面着陸は、精密な技術とユニークなアプローチに注目が集まっています。
スポンサーリンク