スポンサーリンク
トランプ

トランプ氏アメリカ大統領に再選か、氏は一体何者?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、ユキレドブログへようこそ。

こぐま

今日も張り切って、トレンドなトピックを追ってみましたのでお楽しみ下さい。

以下は、アメリカ大統領に向け爆進中のトランプ氏に関する情報です。トランプ氏が大統領になったらどうなる外交問題、日本への影響を深堀りしてみました。

スポンサーリンク

アメリカの歴代大統領

初代大統領は、ジョージ・ワシントン(George Washington)でした。彼は無所属で、1789年4月30日から1793年3月4日まで在任。

トランプ氏(Donald Trump)は、2016年と2020年の大統領選挙で共和党から出馬し、2017年1月20日から2021年1月20日まで第45代アメリカ大統領として在任。

トランプ大統領の出身国:

ドナルド・トランプ氏はトランプ氏の出生地は、ニューヨーク州クイーンズ。

アメリカ合衆国の大統領であり、彼はアメリカの実業家でもある。

バイデン氏(Joe Biden)は、2021年1月20日に第46代アメリカ大統領に就任した。

スポンサーリンク

トランプ氏の経歴と家族

トランプ氏の妻は、メラニア・トランプ(Melania Trump)で、彼女の生年月日は1970年4月26日。(54才)

出典:JOE RAEDLE撮影

トランプ氏の子供には、バロン・トランプを含む5人の子供がいる。

ドナルド・トランプ・ジュニア(長男)1977年12月31日(不動産業)

出典:FILE – In this Tuesday, July 19, 2016 file photo,

イヴァンカ・トランプ(長女)1981年10月30日(ファッションモデル,テレビタレント)

出典:https://hips.hearstapps.com

エリック・トランプ(次男)1984年1月6日(不動産業)

ティファニー・トランプ(次女)1993年10月13日(ファッションモデル)

出典:http://i.f1g.fr

トランプ氏の息子は、バロン・トランプ(Barron Trump)で、彼の生年月日は2006年3月20日。(18才)

出典:http://ttmdmm.com

トランプ氏の身長は約6フィート3インチ(約190センチメートル)。

トランプ氏の出生地は、ニューヨーク州クイーンズ。

第45代大統領だったトランプ氏

トランプ元大統領は、現在の第46代大統領であるバイデン氏に先立つ第45代アメリカ大統領だ。

アメリカ大統領選挙は、通常、4年ごとに行われる。

トランプ氏への支持と政策

トランプ氏のスローガンは「Make America Great Again」を再び掲げている。

氏の政策は小さな国造り、アメリカ人優先の政策です。白人そうに強く指示を受けてスーパーチューズデイで

ヘイリー氏に圧勝した。

政策の内容が下記の通り

  • 経済政策:
    トランプ氏は米国内の雇用喪失や経済の深刻な状況に対して注目
  • 自由貿易協定の見直しや雇用創出
  • 製造業の海外流出を防ぐ
    減税政策を通じて経済の活性化を図る
  • 米国内での雇用を促進する
    対中国政策
  • 知的財産の窃盗や技術移転を抑制することを公約
  • 中国との貿易に対して厳格な姿勢を示す
  • 移民政策:移民問題は国境の厳格な管理や移民制度の改革

トランプ氏の係争中の罪状

トランプ氏はなぜ捕まったのかについては、複数の罪状がありますが、具体的な詳細は異なる報道機関によって異なる。

トランプ元大統領の逮捕理由:

トランプ元大統領は逮捕されていないため、具体的な逮捕理由はない。

トランプ氏の再選については、2024年の大統領選挙での可能性が議論されていますが、現時点では確定的ではない。

アメリカ大統領への立候補の資格

アメリカ大統領になるための資格は、合衆国憲法によって規定されており、年齢、市民権、居住要件などが含まれる。

アメリカ大統領に立候補する方法は、各州での予備選挙や党大会を経て、正式に立候補すること。

大統領選挙は何年に一回行われる。

トランプ氏が出馬できない州は、いくつかの州で選挙法によって制限される。

アメリカ合衆国の大統領になるためには、いくつかの資格が必要。以下に詳細を示す。

市民権と出生地:

大統領になるためには、アメリカ合衆国で生まれたことが必要。また、合衆国市民であることも条件だ。

年齢制限:

大統領に立候補するためには、35歳以上である必要がある。

居住歴:

大統領になるためには、14年以上アメリカ合衆国に住んでいることが求められる。

選挙権:

大統領選挙の選挙権は、アメリカ国籍者に限り、18歳以上であり、通常選挙人登録を行っていることが要件。

アメリカ大統領選挙は通常、4年に1度行われます。投票日は「11月の第1月曜日の翌日の火曜日」に定められている。

アメリカコロラド州最高裁はトランプ大統領の資格を剥奪?

コロラド州最高裁はトランプ元大統領が同州の共和党予備選に立候補できないと判断。これは合衆国憲法修正第14条に基づくもので、反乱に関与した者は官職に就くことができないと規定されているとした.

また、トランプ大統領が出馬できない州として、コロラド州が判決で立候補資格を認めないことを示した。

アメリカの連邦最高裁判所は3月4日、ドナルド・トランプ前大統領には大統領選挙への立候補資格がないとしたコロラド州の出馬資格なしの判決を覆しました

トランプ氏への起訴

トランプ元大統領は起訴されましたか?

トランプ元大統領は複数の起訴を受けています。具体的な起訴内容については後述。

トランプ大統領に罰金はいくらですか?

現在のところ、トランプ大統領に直接的な罰金が科された情報はない。

トランプ元大統領はなぜ捕まったのですか?

トランプ元大統領は2021年の連邦議会襲撃事件に関与したとされ、複数の起訴を受けている。具体的な罪状は、34件の第1級事業記録改ざん罪に含まれている.

アメリカ大統領選2024:

2024年の大統領選挙は注目されており、候補者の動向が注目されている。前回の記事を参照

トランプ ジョージア州、不正介入

アメリカのドナルド・トランプ前大統領が14日、2020年大統領選挙でのジョージア州における敗北を不正に覆そうとしたとして起訴される。

トランプ 氏が提案していたイスラエル中東和平案

ドナルド・トランプ米大統領は28日、長く待ち望まれていた中東和平案を発表した。エルサレムについて、イスラエルの不可分の首都とし続けることを約束する内容になっている。

トランプ氏の案では、パレスチナを独立国家とする。同時に、ヨルダン川西岸のイスラエル入植地でイスラエルの主権を認める。しかしパラスチナ側はこれを全面拒絶。

トランプ ニューヨーク州:

氏が事業記録の改ざんをめぐる34件の重罪に問われていることが明らかになったが全罪状が口止め料の支払い関連だった。

実にくだらない内容ですが参考まで:2023年4月5日の罪状起訴

トランプ前大統領は、2016年の大統領選挙を前に自分にとって不利になる情報を隠すために口止め料を支払い、その支払いを隠すためにビジネス記録を改ざんしたとして使われた伝票や小切手ごとに34の罪に問われてる。

口止め料が支払われたとされる相手はあわせて3人。その内訳は

  • トランプ氏と性的関係を持った」と主張するモデルに15万ドル、
  • トランプ氏と性的関係を持った」と主張するポルノ女優に13万ドル、
  • トランプ氏に婚外子がいる」と主張するトランプタワーの元ドアマンに3万ドル

が、トランプ氏の当時の顧問弁護士などから支払われたとのこと。

そして、この口止め料をトランプ氏の会社が弁護士側に返済した際、「弁護士費用」として処理したことが記録の改ざんにあたるとしている。

ニューヨーク州で事業記録の改ざんは通常は軽罪の扱いだが、他の犯罪の隠蔽(いんぺい)を目的としたことから重罪の扱いにしたと検察は説明している。有罪となれば、刑務所で服役する可能性がある。

トランプ氏原子力潜水艦の情報を豪州のビジネスマンに情報漏洩

アメリカのABCテレビは5日、関係者の話として、トランプ前大統領が退任後のおととし4月、南部フロリダ州の自宅「マー・アー・ラゴ」でオーストラリアのビジネスマンと面会した際、アメリカの原子力潜水艦に関する機密情報を伝えた可能性があると報じた。

具体的には、原子力潜水艦が搭載しているとされる核弾頭の数や、ロシアの潜水艦に探知されずに接近できるとされる正確な距離についての情報だった。

捜査当局はすでにこのビジネスマンから話を聴いたという。

特別検察官: ジャック・スミス氏の特別検察官任命

メリック・ガーランド司法長官は記者会見し、ジャック・スミス氏の特別検察官任命を発表。

スミス特別検察官は今後、トランプ氏による機密文書の取り扱いや、昨年1月の連邦議会襲撃にどのような役割を果たしたのかを捜査し、刑事訴追するかどうかを判断する。

バイデン大統領の支持率

大学世論調査によると、2024年米大統領選直接対決で、バイデン大統領の支持率がトランプ氏を下回るという結果が出た。

バイデン大統領の支持率に関する調査結果

1. 民主党内のマイノリティーの支持

  • バイデン氏は、ヒスパニックの72%、黒人の75%から2024年の民主党候補者として支持されている。
  • 一方、白人の51%は、他の候補者の方が良いと考えている。

2. バイデン大統領の全体的な支持率

  • 2023年3月時点の支持率は44%で、2022年11月調査時(39%)より5ポイント上昇。

3. 2024年大統領選挙

  • バイデン氏とトランプ氏の直接対決では、トランプ氏が46%、バイデン氏が41%と、トランプ氏が5ポイントリード。
  • 共和党予備選では、トランプ氏が圧勝。
  • しかし、バイデン氏(65%)、トランプ氏(56%)の両者とも、2024年大統領選挙に立候補すべきではないとの回答が過半数を占めている。
  • 無所属中道派候補が立候補した場合、53%が支持すると回答している。

4. その他

  • 調査は米国ハーバード大学アメリカ政治研究センターとハリス・インサイト・アンド・アナリティクスが1月20日に発表しました。

5. バイデン大統領の課題

  • 白人有権者からの支持を得ることが課題。
  • 高齢であることも懸念材料の一つ。

トランプ大統領と戦争:

トランプ前大統領はウクライナ情勢でロシアを支持すれば、米国人に敵対することになるとウクライナのゼレンスキー大統領に警告している。

トランプ氏「返り咲き」なら外交予測不能に、同盟国警戒を示している。

トランプ大統領の復活:

トランプ前米大統領は今年3月に自身の投稿で、来年の大統領選に勝利すればウクライナでの戦争を終わらせ、ロシアとの対立に終止符を打ち私の政権で始めた北大西洋条約機構(NATO)の目的の根本的な見直し作業を完成させると約束したとのこと。

この考えは、米国の同盟諸国を不安に陥れ、西側の外交・防衛関係者に警戒感を抱かせる公算が大きい。

トランプ前政権下では、同氏が非常に特異で頻繁に変わる世界観を持っていても、実際の政策は相当な経験を持つ高官によって米国のパートナーのためになるように修正されたり、解釈されたりして事なきを得てきた。

しかし、トランプ氏が大統領に再選したら、そうした展開は全くあり得なくはないとしても、実現する可能性はより低くなると見ている。

なぜなら同氏とその取り巻きは「ディープステート(闇の国家)の破壊」を基本路線として選挙戦に乗り出しており、ディープステートとは国務省や国防総省、各情報機関(氏の特異で不用意な言動を抑える機関)が含まれている。

トランプ大統領と日本:

トランプ氏は日本の核兵器保有を容認する発言をしており、これは日米同盟関係やアジアの安保に影響を及ぼす問題です.トランプ氏の政治活動が日本にどのような影響を及ぼすかについても議論されています。

当面は関税問題(関税枠拡大と引き上げ)が台頭すると見る実業家が多い。また対中国経済対策は強化されること必死で中国経済がこければ、日本も対岸の火事ではいられなくなる。

トランプが大統領になる可能性

本日3月9日時点で大統領再選を予測するメデイアはない。それだけ混沌としている状況で、通常であればありえない氏の選出だが、予備選を圧勝して党大会へ爆進している現状から、トランプ氏は再選を果たせば、再び大統領になることが可能であろう。

トランプ大統領になったら

トランプ氏が再び大統領になった場合、彼の政策や行動が世界に影響を及ぼすことになる。彼の対応や政策は、国内外の様々な問題に影響を与えることだろう。

トランプ大統領の政策

トランプ大統領の政策は多岐にわたりますが、気候変動対策の後退や移民政策の強化、経済政策の実施などが挙げられます。

トランプ大統領の人気

トランプ氏の人気は賛否両論。彼の政策や言動に対する評価は国内外で分かれている。

バイデン大統領の支持率を参照

トランプ大統領のメリット

トランプ氏の政策には支持者がいる一方で、批判も多くあります。彼の政策のメリットは、経済成長や雇用創出、規制緩和などが挙げられます。

大統領は再選できないのはなぜですか?

アメリカの大統領は、憲法によって最大2期(8年)までしか再選できない制限がある。これは、長期間の権力集中を防ぐための規定だ。

タイトルとURLをコピーしました