スポンサーリンク
トランプ

驚愕!トランプ大統領復活の可能性が急上昇!その理由とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

共和党代表になってしまう

トランプ氏
i引用元:www.donaldjtrump.com

それが共和党の代表にまでなるなんて、まさに龍の年、何が起こるかわからない。しかし、アメリカも実際興味深い国だ。都市部ではバイデン支持派が多いのに対し、トランプ支持派は全米に散らばっている。支持者の数は少ないけれど、その少数派は全土に広がっているんだ。

ヒットラー、吉田茂、田中角栄など、演説の上手い人は時代を超えて現れるものだ。私たちが知っている米国のイメージと言えば、ニューヨークやカリフォルニアなどの巨大都市だけど、トランプ氏の支持者の多くは、プロテスタントの多い福音派で、質素な生活を尊ぶレッドネック米国白人なんだ。彼らは大都市がアメリカではないと考えているらしい。

トランプも面白いね。あれだけ裁判沙汰を抱えて、大統領選挙に出てくるなんて、肝の太いこと。彼は確かに突出した人物だよね。驚いたよ。日本なら、最悪容疑者になっていた可能性もあるし、議員どまりだったかもしれない。

スポンサーリンク

なってしまった経緯と背景

経緯 他者2候補の弱さ 特に演説家ではなく事務屋だった。

トランプ氏が共和党代表に躍り出た理由について考えてみる。

まず、白人有権者の焦りが大きな要因だ。彼のMAGAスローガンは、過去の栄光を復活させるという望みを抱く多くの白人有権者に強い共感を呼び起こした。

ただし、将来の選挙では白人の比率の急激な低下が鍵を握りそうだ。この動向がトランプ氏の再選にどの程度影響するかは不透明だが、注意が必要だ。

トランプ氏は白人支持層を固めていたが、次の選挙では多様性が進むアメリカ社会で他の民族や少数派グループからも支持を得る必要がある。そのためには、彼自身や共和党はより包括的な政策やメッセージを打ち出すべきだ。

同時に、大統領再選に向けてトランプ氏は自身の成功や政策実績をアピールする必要がある。ただし、彼の政治手法や振る舞いには依然として批判が寄せられている。これらの要因が今後の選挙にどのような影響を及ぼすかは注目すべきだ。

支持される背景 白人の俺たちやばいだろ焦燥感

白人人口比率の推移を説明

トランプ氏が共和党代表に選ばれた理由を他の2人の候補と比較すると、白人有権者の焦りとMAGAスローガンがかなりキーな要素だった。

まず、トランプ氏は白人有権者の焦りや不満を上手に利用した。彼は彼らが感じている経済的な不安や文化的な変化について、率直に訴えかけた。これが政治的なサポートを得るのに効果的だったわけだ。

そして、彼が掲げた「Make America Great Again(アメリカを再び偉大に)」というスローガン。このスローガンは多くの白人有権者に共感を呼び起こし、失われたアメリカの栄光や優越性を取り戻すという願望に火をつけた。

対照的に、他の2人の候補者はこの白人有権者へのアピールが弱かったと言える。彼らはもっと穏健なアプローチを選び、広範な選挙民にアピールしようとしたけど、トランプ氏ほど共和党の基盤を強化できなかった。

つまり、トランプ氏は白人有権者の焦りとMAGAスローガンをうまく利用して、共和党代表に選ばれたもの。

MAGAスローガン

キャリアのある政治家が我々の経済を疲弊し、我が国の計り知れない可能性を害する一方で、アメリカ人の生活が危険にさらされています。 我々は腐敗したワシントン支配層から国を取り戻し、権力をアメリカ国民の本来あるべき場所に戻します。 我々は、世界史上最大の経済を再び築き、国境を守り、エネルギーの独立性を回復し、強さと誇りを持って世界の舞台をリードする、繁栄、安全、平和の未来を実現します。 今こそアメリカ第一をもう一度掲げ、信仰、家族、自由の輝かしい新時代を迎える時です。 我々は力を合わせて命を救い、雇用を守り、そしてアメリカを救います。 アメリカを再び偉大にするという我々の留まらぬ使命に私と一緒に参加してください。

google Translationより意訳

なぜ共和党の代表になれたか

彼のキャンペーン戦略は他の候補者とは一線を画していて、彼を支持する有権者にアピールするのに成功したわけだ。

だけど抱えている裁判とそれをどう片付けるの

裁判中の件数は4件連邦裁判所で結審がでて、これに全州がならうだろうという見方。

おそらくは大統領選に出られるだろう。

そもそも大領領選ってどんな風になるの?

1)各州が大統領選挙人を選出する

2)各州の人口の割合で選出人の人数が決まる

3)選挙人が各州で大統領候補に投票する。

4)選挙人総数は538人その半数を獲得すれば大統領となる

5)各州の選挙で勝った方が、その州の総数を獲得数として数えることができる。

6)本選挙は今年の11月

バイデン氏とトランプになったらどんな戦いになるの?

バイデン氏とトランプ氏

バイデン氏は大都市部での支持率が高いらしい。対しトランプ氏は全土に散らばる田舎の支持率が高いのだそう。

なので

2月にかかる現在は、まだわからぬが、トランプ氏の大統領再選もあり得る話との見方がある。

トランプ氏が福音派から強力な支持を受けている理由は、白人の焦りとMAGAスローガンにある。

白人の焦りは、経済や社会の変化で引き起こされたものだ。グローバリゼーションや技術革新で、一部の白人労働者が雇用や経済的な安定を失ってきた。彼らは現状に不満を抱き、不安や怒りを感じている。

トランプ氏はこの白人の焦りを利用して支持を集めた。

彼はMAGA(Make America Great Again)というスローガンでアメリカの過去の栄光を取り戻すことを約束し、これが多くの白人労働者に希望と安定感をもたらした。

同時に、トランプ氏は福音派キリスト教徒からも強力な支持を得ている。彼は保守的な価値観や反堕胎・反LGBTQ+権利など福音派が重視する問題に積極的にアプローチした。

その結果、福音派キリスト教徒は彼を信頼し、支持している。

ただし、彼の政策や言動は多くの批判を浴び、国内外で議論が絶えない。トランプ氏が福音派からの支持をどれだけ長期間維持できるかは不透明だとも言われているがTARTはこれはかなり強い支持だとも思う。
 

バイデン氏の賛成反対意見

  • バイデンの賛成意見:
  1. 白人の焦りを解消するために包括的な政策を提案している。
  2. MAGAスローガンに対抗して、国を再び統一させることを目指している。
  3. 多様性と共感を重視し、人種間の対立を減らすための取り組みを行っている。
  • バイデンの反対意見:
  1. 白人の焦りに対する具体的な解決策が不明瞭である。
  2. MAGAスローガンに反対するだけでなく、具体的な計画やビジョンが欠如している。
  3. 多様性や共感に重点を置くことで、他の問題や優先事項が軽視されている可能性がある。

トランプ氏の賛成反対意見

  • トランプの賛成意見:
  1. 白人の焦りに共感し、彼らの懸念や要望に耳を傾けていた。
  2. MAGAスローガンは国家主義とアメリカ第一主義への強力な支持者から支持されていた。
  3. 経済成長や雇用創出など、トランプ政権下で実際に達成された成果がある。
  • トランプの反対意見:
  1. 白人の焦りに過剰に反応し、他の人種やコミュニティの権利を軽視していた。
  2. MAGAスローガンは分断や排他的なメッセージを伝えており、国内外で批判されていた。
  3. 経済成長や雇用創出といった成果は一部に限定され、社会的不平等や環境問題など他の重要な課題が放置されていた。

今後の行方

今後の行方は色々な意見があり誰が勝つのか分からない。

彼が今年の11月の選挙で勝ったら2回目の大統領になる。ただし、アメリカの大統領の任期は4年で、2回までなので、もし勝った場合は2回目の任期になることになるだろう。

世界大戦やクリミア戦争は、入試にしか出てこないような非現実的な問題だと思っていた。でも、実際には身近な人たちも関わっていることがある。

私の祖父母は中国帰りの軍人夫婦で、大叔父は予科練で戦死しているんだ。

自分たちの仕事が奪われ、国がよくならないと不安になり、怒りたくなる気持ちも理解できる。自由な国だけど、少数派になるのは深刻な話だ。

こういった状況が争いや紛争、国家間の戦争を引き起こしてきたのかもしれないね。歴史上の出来事は、意外に身近な問題に繋がっていることもある。

そんな混沌な時代にある意味正しい方向を失った時代に、そこに現れたのがトランプという、はっきりものを言う、我の強い大統領候補だ。

しかし、この『MAGA』、日本にもぜひとも必要な政治スローガンではないだろうか?

タイトルとURLをコピーしました