スポンサーリンク
果樹の栽培

アボカドの栽培 フィリピン生産者からのアドバイス

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、ユキレドブログへようこそ。

こぐま

今日も張り切って、トレンドなトピックを追ってみましたのでお楽しみ下さい。

こんにちは、今日はアボカドについてです。

アボカド1

フィリピンはアボカドの栽培にも恵まれた土地と気候条件を提供しています。アボカドの独特の風味と栄養価は、地元の農家から世界中の食卓まで、幅広い人々に愛されています。

アボカドを活用した美味しい料理の中で、まずメキシコのクラシックなガクアモレ(Guacamole)が大変有名で挙げられ独特の風味とクリーミーさが楽しめます。

アボカドトーストがシンプルな朝食やランチに人気です。また、アボカドサラダも注目に値します。健康的なオプションで、食欲をそそる美味しさです。

今日は、フィリピンでのアボカドの栽培方法に焦点を当て現地生産者の栽培テクニックをご紹介します。

フィリピンでアボカドを栽培するために必要な要素や条件を以下にリストアップしました:

  1. 気候:
  2. 土壌:
  3. 陽光:
  4. :
  5. 肥料:
  6. 剪定:
  7. 病害虫管理:
  8. 収穫と管理:
  1. 気候: アボカドは温暖な気候を好みます。フィリピンの多くの地域はアボカド栽培に適しています。温暖な気温、年間を通じて均一な気温が望ましいです。
  2. 過度の寒冷や霜にさらされない場所が必要です。アボカドの栽培に適した気温は摂氏20度から摂氏30度の範囲であり、摂氏10度未満の低温や摂氏35度以上の高温を避ける必要があります。アボカドは霜に弱く、寒冷にさらされると植物や果実に害を及ぼす可能性があります。また、急激な気温変動や寒暖差もストレスを引き起こすことがあります。アボカドの成熟には一時的な冷涼期が役立つこともあります。
  1. 土壌: アボカドはよく排水された土壌を好みます。深い、砂質または砂質ローム土壌が適しています。酸性土壌が最適です。アボカドの栽培に適した土壌は、以下の特性を持つ必要があります。まず、よく排水された土壌が必要で、水logging(過剰な水分)を防ぐために根の酸素供給を確保します。アボカドはやや酸性の土壌を好むため、pH値が5.5から6.5の範囲が適しています。土壌の酸性度が合わない場合、石灰を添加して調整できます。有機物質が豊富な土壌はアボカドに適しており、土壌中の有機物質は保水力を向上させ、栄養分の供給を安定させます。また、アボカドの根は深く伸びるため、深い土壌が必要で、根の健康と発育に寄与します。最後に、アボカドは窒素、リン、カリウムなどの栄養分を必要とするため、土壌分析を通じて栄養分の供給を調整し、必要に応じて肥料を施すことが大切です。アボカドの成長には土壌条件が重要であり、適切な土壌を提供することはアボカドの健康な成長と高品質の果実の収穫につながります。
  • アボカドの苗木選びには以下のポイントが重要。健康状態と根の発達に注目し、病気や虫害の兆候がない苗木を選び、根の強さを確認。アボカドの高さや品種を庭園の条件に合わせて選び、信頼性のある販売業者から購入。地域の気象条件に合致する品種を選ぶのも重要。地元の農業専門家のアドバイスを受けながら、成功したアボカドの栽培に向けた苗木を選びましょう。
アボカド苗木
  • 穴の掘り方: アボカドの苗木を植える穴は、根鉢(苗木の根の塊)のサイズに合わせて掘ります。通常、根鉢の直径と深さは1.5倍程度が適切です。
  • 木々の間隔: アボカドの木々の間隔は、栽培条件や将来的な成長に応じて変化します。通常、アボカドの木々はお互いに10〜15フィート(約3〜4.5メートル)の距離を保つことが推奨されます。これにより、木々が健康に成長し、充分な日光を受けることができます。
  • 施肥:苗木(0-1年)には植え付け直後と2-3ヶ月ごと有機堆肥または全体肥料を与えます。
  1. 陽光: アボカドは多くの陽光を必要とします。日光が豊富で、日中に日陰から遮られない場所が必要です。
  2. : アボカドは適度な水分を必要とします。過度の乾燥や水logging(過剰な水分)は避ける必要があります。定期的な灌漑が必要です。
  3. 肥料: アボカドは栄養分を必要とし、肥料を施すことが一般的です。窒素、リン、カリウムを含むバランスの取れた肥料が役立ちます。

  アボカドの施肥スケジュールは、苗から成木に至る段階で変化します。以下の表は、一般的なアボカドの施肥スケジュールの例です。注意してください、地域や特定の品種によって異なる要件がある可能性があります。地元の条件に合わせて微調整が必要です。

成長段階時期施肥内容
苗木(0-1年)植え付け直後と2-3ヶ月ごと有機堆肥または全体肥料を与える。
成長期(2-3年)春と夏(3-4ヶ月ごと)窒素を多く含む全体肥料を与える。
中間期(4-6年)春と夏(4-6ヶ月ごと)窒素、リン、カリウムをバランスよく供給。
成木(7年以降)春と夏(6-8ヶ月ごと)低窒素で高カリウム肥料を与え、全体肥料も併用。

重要なポイント:

  • 肥料は湿った土壌に施すことが効果的です。
  • アボカドの周りにマルチを敷くと、水分の保持と雑草の制御に役立ちます。
  • 地元の土壌テスト結果に基づいて、栄養素の必要性を評価し、肥料の種類と割合を調整しましょう。

この表は一般的なガイドラインであり、特定の条件に合わせて調整が必要です。地域の園芸専門家や農業担当者からのアドバイスを受けることが、アボカドの成功した栽培に役立ちます。

  1. 剪定: アボカドの木は定期的に剪定される必要があり、形を整え、適切な成長を促します。

アボカドの木の剪定は、木の成長と形状を管理し、収穫や健康を最適化するために重要な作業です。以下はアボカドの木の剪定に関する一般的なガイドラインです:

剪定の目的:

剪定の目的は、木の形状を整え、健康な成長を促進し、果実の品質を向上させることです。不要な枝や枝を取り除き、木の通気性と光線透過を向上させます。

最適な時期:

剪定は通常、フィリピンは熱帯気候であり、四季がはっきり分かれていない地域が多いですが雨季の終了と乾季の始まりに近い時期が適していることになります。フィリピンでは、乾季は11月から4月までが一般的であるため、11月から2月の間が剪定の適切な時期とされます。

枝の選別:

剪定の最初のステップは、木に残すべき主要な枝を選びます。健康で強力な枝を選んで、木の構造を整えます。

不要な枝の除去:

剪定鋏を使用して、不要な、傷ついた、交差した、または競合する枝を取り除きます。これにより通気性が向上し、木のエネルギーが果実の発育に集中します。

枝のバランス:

枝を均等に配置し、木のバランスを保つことが重要です。一部のアボカドの品種は高い木と広がりのある枝を好みます。

切断の注意:

枝を切る際には、清潔で鋭い剪定鋏を使用し、滑らかな切り口を作るように心がけましょう。不規則な切り口は感染病の侵入口となる可能性があります。

保護と治癒:

剪定後、切り口に傷を防ぐために保護剤を塗ることが推奨されます。

途中の剪定:

成長期にも必要に応じて剪定を行い、木の形状と健康を維持しましょう。

アボカドの木の剪定では、木の形状を整えるために以下の具体的な部分を切る方法があります。ここでは一般的なアボカドの形状を目指すためのガイドラインを示します:

アボカド3
  1. 高さの管理:
    • アボカドの木は高い形状を好み、通常、中央の主幹を保持します。新しい成長を促進するために、主幹を保ち、高さを制御します。高い木が望ましい場合、主幹を伸ばすことができます。
  2. 下部の葉と小枝の取り除き:
    • 地面近くにある不要な低い枝や葉を取り除きます。これにより通気性が向上し、木が栄養を上部に集中させることができます。
  3. 交差枝の除去:
    • 交差した枝や競合する枝がある場合、片方を取り除いて枝の整列を改善します。
  4. 縦枝のカットバック:
    • 縦に成長する枝が果実を生産しにくくすることがあるため、適切な高さでカットバックすることが重要です。
  5. バランスの調整:
    • 枝を均等に配置し、木のバランスを保つことが重要です。均等に日光を受けられるように注意して枝を配置しましょう。
  6. 新しい成長の促進:
    • 剪定によりエネルギーが新しい成長に向かうようになります。新しい芽が発芽するのを促進するために、適切な場所で剪定を行います。

以下はアボカドの木の一般的な形状を示す例です:

  • 主幹(中央の中心の枝)を維持し、不要な低い枝や葉を取り除く。
  • 枝を均等に配置し、バランスを保つ。
  • 上部の新しい成長を促進し、木を高く保つ。

剪定の際は、木の健康とバランスを維持しながら、不要な部分を取り除くことを念頭に置いて作業を進めましょう。具体的な剪定方法は木の成長段階や好みによって異なる場合があり、地元の園芸専門家からのアドバイスを受けることが有益です。

  1. 病害虫管理: アボカドの木は害虫や病気に対して脆弱であるため、適切な管理と予防策が必要です。

アボカドの主な害虫とその管理方法を以下に示します:

1)アボカドシロアリ:

管理方法: 防除のためにシロアリバリアを使用し、木の周りに障害物を設置。また、天敵を利用してシロアリの数を減少させる。

2)アボカドモスキート:

管理方法: 販売されている昆虫捕獲器や黄色のカードを使用してモスキートを捕獲。天敵の利用や生態系に適した水源管理も役立つ。

3)アボカドノミ:

管理方法: 化学的な殺虫剤の使用や益虫の導入が考えられる。観察による早期発見が重要。

4)アボカドソゾウムシ:

管理方法: 化学的な殺虫剤の使用、天敵の導入、感染した木の除去。土壌の適切な管理がゾウムシの発生を減少させる。

5)アボカドワクワクムシ:

管理方法: 化学的な殺虫剤の使用や土壌処理が有効。観察による早期発見が重要。

6)アボカドウンミ:

管理方法: 天敵の導入、石鹸水や水圧による洗浄、適切な灌漑管理が有用。

7)アボカドガンミ:

管理方法: 化学的な殺虫剤の使用、天敵の導入、感染した果実の収穫と破棄が効果的。

8)アボカドウンズポット:

管理方法: 感染した葉を剪定し、感染拡大を防ぐ。化学的な殺菌剤の使用も考慮。

9)アボカドフルーツフライ:

管理方法: 化学的な殺虫剤の使用、果実の袋詰め、トラップの設置が効果的。

10)アボカドホソミドリカメムシ:

管理方法: 化学的な殺虫剤の使用、天敵の導入、適切な灌漑管理が有効。

これらの害虫に対する管理策は、地域や環境に応じて異なる場合があるため、地元の農業専門家や担当者からアドバイスを受けることが重要です。害虫の早期発見と適切な管理がアボカドの健康な成長と収穫の鍵となります。

アボカド4
  1. 収穫と管理: アボカドは適切な収穫タイミングが重要です。成熟してから収穫し、適切な貯蔵と管理を行う必要があります。果実の熟度は、茎の端に赤紫色の筋が現れる(紫色の品種)、緑から淡い緑色に変化する(緑色の品種)、または指で軽くたたいたときに空洞の音が出ることで示されます。 収穫は、果物を傷つけないようにワイヤーフックがついた摘み棒と、果物を傷つけないように設計されたネットバスケットを使用して行うべきです。果物は、地元市場用には草やバナナの葉などの梱包材で裏打ちされたバスケットや箱に入れて、長距離輸送のためには柔らかい紙で包み、単層の箱に梱包します。
アボカド5

以上がフィリピンの現地生産者の栽培テクニックをご紹介になります。

タイトルとURLをコピーしました